即効性のある便秘解消法

あなたが常に便秘のせいで苦しんでいるなら、その結果を引き起こす原因と解消法を把握することからスタートすることが改善の方法です。その一歩さえ踏み出せれば、便秘が原因の苦労を減少させることができます。

ホーム ≫ 便秘に陥ると悪玉菌が増殖し腸の機能が低下します

便秘に陥ると悪玉菌が増殖し腸の機能が低下

便秘に陥ると悪玉菌が増殖し腸の機能が低下します。

そして、増殖した悪玉菌が有害なガスを発生させ、発熱を引き起こしたりもします。

こういった症状は免疫力が弱体化している場合に見受けられるので、大人にくらべて免疫力が低い子供に発生しやすいのです。

大人はおこちゃまより免疫機能が整っているため、あまり起こり得ない症状なのですが、疲れきっている時やストレス・風邪等などが元となり肉体・精神の両方で消耗しているときは注意が必要です。

便秘は通常女性に多く、妊娠すると益々現れやすくなるのが便秘の症状です。

妊娠することによって通常のサイズよりおもったより大聞くなった妊娠子宮が腸管に向けて圧力を与える、それだけでなく普段とくらべ、圧倒的に高い値の黄体ホルモンなどの影響による腸管のぜん動運動の衰退等がそうした便秘の要因とされます。

治療法に関しては妊娠時と同じで、生活習慣の見直しが求められます。

女性は男性にくらべて筋肉量が少なく、便を押し出す力が弱いので、腹筋を鍛える運動を取り入れるようにしましょう。

ウォーキングの場合は、下腹部を凹ませて力を入れて歩くことで、腸へと刺激が届き、ぜん動運動が活発的におこなわれる体になります。

深呼吸しながらの軽いストレッチも効果的です。

ストレッチの中で背中からわき腹に向けて伸ばすものや体側を伸ばすストレッチに関して言えば、自律神経を落ち着かせる働きが期待できます。

下剤依存症には症状にレベルがあって、「下剤を飲まなければ便意を催せない」ぐらいの比較的軽度の依存であれば、食事内容や生活習慣を正すことで改善する可能性があります。

一先ず、腸の機能を正常なレベルに戻すため、3度の食事と言うのを、規則的に取り入れるところから実行しましょう。

取り分け朝は便意を促す信号が出やすいので、朝食を抜くことは厳禁です。

便のもとが問題なく作られるよう、量を取ることも重要なのです。

便秘対策として、近年脚光を浴びているのが「落下腸マッサージ」なるものです。

テレビでその詳細が取り上げられたことで、関心が向けられるようになりました。

いろいろな病状の中で便秘は常に一定数の人物が悩んでいる症状なので、テレビ番組でも便秘についての特集は珍しくありません。

一方で、最近になって便秘の誘因として認識されるようになったのが、落下腸と言う症状です。

直腸性便秘については、直腸内に便が蓄積している便秘のことを示します。

大腸自体には一切異変が現れず、肛門付近の問題により上手く排便ができない状態です。

日常的に便意を我慢することが引き金となって起こります。

一般的には、便が直腸に達するとそれを排出するように体が反応しますが、日頃から排便を我慢していると、このセンサーの働きが悪くなり便意を感じにくくなってしまいます。

排便時の酷く強い痛み、おもったより太くて硬めの便が出るようになるなど分かりやすい症状が出ます。

長い間便秘の状態でいると、肌荒れの他食欲の低下など、体にとって良くない影響を及ぼし初めます。

便秘薬などで一時的に改善させることはできますが、根底的に問題を解決する上では、常日頃からのケアが必要です。

歩行等の体全体を動かす運動と似た効果が見込め、腸が便を押し出すぜん動運動もマッサージにより機能的になります。

便秘で悩まないようにするために、常用的にマッサージを行っていきましょう。

便秘に向けて効果を発揮するツボは、身体のいろいろな部位に隠されています。

しかし、便秘を解消することが目的であれば、患部に近いお腹のツボも忘れてはいけません。

お腹には、思った以上に整腸に作用するツボがあるワケです。

プラス、腹部のツボはただ単にツボ押しとしてだけ作用するのではなく、腸に刺激を与えるマッサージとしてのダイレクトな効力も期待できます。

朝起きてすぐやお手洗いに入ったタイミングで的確にお腹のツボを押すといいでしょう。

食物繊維の摂取量が足りないと、便が柔らかいまま腸に残留し、便秘になってしまいがちです。

その逆で、食物繊維を摂取し過ぎると便が固まった状態のコロコロ便となってしまうので、水分も供に多く取るように意識しましょう。

更に、連日体を動かすように意識付け、腸のぜん動運動が機能的におこなわれる体質に変化させることも重要です。

たかが便秘と思っている方も多いかも知れませんが、便秘をそのまま放置しておくのは宜しくありません。

本来ならば排便は毎日おこなわれるべき事柄です。

でも、3日に1日程度で便の形や色・量が、 通常通りの場合便秘ではありません。

逆に、毎日おこなわれていようが固い・少量等の明らかに 異常が出ればそれは便秘と言うことになります。

それならば、慢性便秘は どういった状態になるのでしょうか? はっきりと定まっていないようですが、 排便ペースが週2回以下でそれが3か月を過ぎて持つづくようなら 大まかに「慢性便秘」と呼ぶみたいです。

ページトップへ

Copyright (c) 2014 即効性のある便秘解消法 All rights reserved.