即効性のある便秘解消法

あなたが常に便秘のせいで苦しんでいるなら、その結果を引き起こす原因と解消法を把握することからスタートすることが改善の方法です。その一歩さえ踏み出せれば、便秘が原因の苦労を減少させることができます。

ホーム ≫ 便秘に作用するツボは、手や足など多くの部位に点在しています

便秘に作用するツボは、手や足など多くの部位に点在しています

便秘に作用するツボは、手や足など多くの部位に点在しています。

しかしながら、便秘を根本的に解消したいのなら、患部に近い箇所に存在するオナカのツボを押さないといけません。

腹部には、整腸作用をもつツボが複数存在します。

プラス、腹部のツボはただ単にツボ押しとしてだけ作用するのではなく、腸を働かせるマッサージとしての直接的な効力も見込めます。

目が覚めた直後や用を足す際にオナカのツボを押すことを推奨します。

便秘の症状が出初めると体内で悪玉菌が繁殖し腸の動きが鈍くなるのです。

そして、増殖した悪玉菌が有害なガスを発生させ、状況によっては発熱を引き起こされたりもします。

こういった症状は免疫力が弱体化している場合に見受けられるので、免疫力の基準値が低い子共にありがちなのです。

子どもほど免疫力が弱くない大人には、あまり見掛けられない症状ですが、疲労が蓄積されて残っていたりストレス・風邪が原因で肉体・精神の両面で疲弊している時は注意が必要とされます。

食物繊維の摂取量が足りないと、便が柔らかいまま腸に残留し、便秘になってしまいがちです。

その逆で、食物繊維を摂取し過ぎると硬いコロコロ便が出るようになってしまうため、水分も相応の量を取り入れなければなりません。

尚且つ、日々の生活に運動を取り入れ、腸のぜん動運動が機能的に行なわれる体質に変化させることも重要です。

たかが便秘と気にもしない人が多いようですが、便秘を改善させずにほうっておくのはNGです。

便秘に向けた対策で、今流行りなのが「落下腸マッサージ」になります。

テレビの情報番組で紹介されたのを皮切りに、多くの人が興味を抱くようになりました。

いろんな病状の中で便秘は常に一定数の人物が悩んでいる症状なので、テレビ番組でも便秘についての特集は頻繁に組まれます。

一方で、最近になって便秘の原因として知られるようになってきたのが、落下腸になります。

下剤依存症にも段階があり、「下剤を飲まなければ便意を催せない」ぐらいの比較的軽度の依存であれば、日々の過ごし方や食事内容に注意することで改善可能なのです。

取り敢えず、腸がきちんと動くようにするために、3度の食事と言うのを、規則的に取り入れるところから実行しましょう。

中でも朝は一番便意が出やすい時間帯となるため、朝食を抜くことは厳禁です。

便のもとを確立するために、量を取ることも重要なのです。

基本的には排便は毎日あって良いものです。

けど、3日の内1日でも色味や形状・排泄量が、 平常であれば便秘とは捉えません。

その逆で、いつも出ていようと固かったり・量が少なかったりなどあからさまに 変異が現れた場合便秘とされます。

それでは、慢性化した便秘とは どの程度のものをさすのでしょうか? 明りょうには決められていないようですが、 週2回以下の排便でその状態が3か月以上続くと 通常「慢性便秘」と捉えるようです。

直腸性便秘については、直腸内に便が蓄積している便秘のことを示します。

大腸自体には一切異変が現れず、肛門付近の異常によって排便がしづらい状態になります。

普段から便意を我慢しているとこの症状が引き起こされます。

通常、便が直腸に到達すると排便反射が起こりますが、排便を我慢する習慣が定着すると、このセンサーの働きが悪くなり便意を感じにくくなってしまいます。

排便時の強烈な痛み、とっても太くて硬めの便が出るようになるなど分かりやすい症状が出ます。

女性はもともと筋肉量が少く、排便時力が及び辛いので、腹筋を強化するために運動を取り入れましょう。

ウォーキングであれば、下っ腹が凹むように力を加えて歩けば、腸に刺激が行き渡り、ぜん動運動が促進されます。

深呼吸しながらの軽いストレッチも効果的です。

ストレッチの中で背中からわき腹に向けて伸ばすものや体側を伸ばすストレッチに関して言えば、自律神経を整える効果が期待できるとされています。

長い間便秘の状態でいると、食欲の低下・肌荒れ等、体にとって良くない影響がどんどん出てくるようになります。

便秘薬などで一時的に改善させることはできますが、根っこから問題を解決するためには、常日頃からのケアが必要です。

歩行等の体全体を動かす運動と似た効果が見込め、腸が便を押し出しやすくするぜん動運動もマッサージによって促進されます。

便秘を完治させたいのなら、日常からしっかりマッサージをおこないましょう。

便秘は通常女性に多く、妊娠すると一層便秘の症状が出やすくなるのです。

妊娠状態となったことで増大した妊娠子宮による腸管の圧迫、その上平常時とくらべて、目に見えて高い数域の黄体ホルモンが元となり発生する腸管のぜん動運動の低下などが便秘の原因とされています。

治療法は妊娠していない時と同じであり、生活習慣の改善が必要になってきます。

ページトップへ

Copyright (c) 2014 即効性のある便秘解消法 All rights reserved.